アパレルの販売・転職・派遣ならシーエーセールススタッフにお任せ “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

PR


地域別求人情報[派遣]
目的地から検索
紹介事業部 東京 名古屋 大阪 福岡
おすすめコンテンツ
  • スタッフインタビュー
  • 研修・セミナー情報
  • 転職コンサルタント虎の巻
  • CASSからのお知らせ
  • ブランド紹介

ホーム

“憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

接客で好印象を与えるポイント(4)

この記事は、「接客で好印象を与えるポイント(3)」の続きになります。前回の記事に引き続き、接客でお客様に好印象を与えるポイントについて紹介していきましょう。

・お化粧や、髪型、髪色などの身だしなみに気を付ける

ファッション・アパレル業界の接客では、自社のブランド衣服だけでなく自身の見た目もとても大切です。よく、「ナチュラル」と「そのまま」は同じだと考えている人がいますが、それは間違った考えだといえるでしょう。

「メイクを一切しない」または「髪は結んだだけ」。これはナチュラルではなく、ただ「身だしなみを気にしていないだけ」です。いくら肌に自信があるという人でも、必ずナチュラルに化粧をし、髪はしっかり整えるようにして、眉や顔の周りの産毛などはきちんと処理するようにしてください。脚に自信があるとしても、生足ではなく、ストッキングを着用してさらに見映えを良くするのも大切ですよ。

お客様の前で働くショップ店員や販売員は、そのブランドやショップの顔とも言えるでしょう。そのブランドの顔が「ノーメイク」や「ボサボサの頭」だったら、お客様はどう思うでしょうか?販売員やショップスタッフはブランドの大きなイメージを作る重要な存在ですので、身だしなみには細心の注意を払うようにしてくださいね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

接客で好印象を与えるポイント(3)

この記事は、「接客で好印象を与えるポイント(2)」の続きになります。前回の記事に引き続き、接客でお客様に好印象を与えるポイントについて紹介していきたいと思います。

・お客様の良い部分を見つけて褒める

接客中、あなたは「可愛いですね」「お似合いですよ」「素敵ですね」なんて褒め言葉を多用していませんか?

素直にそう思って発しているのなら問題はないのですが、思ってもいないことを口先だけで言ってしまうと、その気持ちはお客様に伝わってしまうので要注意です。それというのも、口先だけでお客様を褒めてしまうと、かえって不快感を与えてしまう場合があるからです。

逆の立場として考えてみてください。自分を接客してくれるショップ店員さんが、何かにつけて「可愛いですよ~」「すごくお似合いですね~」なんて言ってきたら「この人本当に思っているのかな…?」と疑ってしまうかと思います。

ですので、お客様を褒める場合は口先だけの褒め言葉ではなく、必ずそのお客様の良い部分を見つけ出して、その部分を褒めるようにしてください。そうすることで、お客様のことを嬉しい気持ちにさせてあげることができますよ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

接客で好印象を与えるポイント(2)

この記事は、「接客で好印象を与えるポイント」の続きになります。前回の記事に引き続き、接客でお客様に好印象を与えるポイントについて紹介していきましょう。

・接客中は常に笑顔をキープすること

あなたは無表情、または普通の顔で接客を行っていませんか?「いらっしゃいませと挨拶するときは笑顔を心掛けている」というだけではNGなんです。挨拶と同様に、感じが良い笑顔というのも接客の基本となります。

自分の普通の表情は、お客様にとっての怖い顔にもなりかねません。ですので、接客中は常に笑顔でキープすることが大切だといえるでしょう。

もちろん、満面の笑みでは違和感があるので微笑む程度の笑顔を作るようにしてくださいね。

「笑顔を作るのが苦手…」という方は、鏡の前で笑顔を作る練習をするのも良いでしょう。口角をしっかりと上げて、目を少しだけ細めるだけでも簡単に感じの良い笑顔を作ることができます。

とにかく、接客中の無表情は、お客様にとっては怖い顔に見えることもあるということを覚えておくと良いでしょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る