アパレルの販売・転職・派遣ならシーエーセールススタッフにお任せ “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

PR


地域別求人情報[派遣]
目的地から検索
紹介事業部 東京 名古屋 大阪 福岡
おすすめコンテンツ
  • スタッフインタビュー
  • 研修・セミナー情報
  • 転職コンサルタント虎の巻
  • CASSからのお知らせ
  • ブランド紹介

ホーム

“憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

アパレル業界の面接で控えておいた方がいい逆質問とは?

アパレル業界の面接時に聞かれる逆質問は、とにかく何でも答えておけばいいというわけではありません。中には面接官に悪い印象を与えてしまう可能性がある回答もあるからです。

今回はアパレル業界で控えておきたい逆質問の回答について考えてみました。

・調べれば分かるようなことを質問する

例えば「御社の企業理念はなんですか?」などといった質問はNGです。一見すると企業について詳しく知りたいという、真面目な質問のようにも思えますが、企業理念などは企業の公式サイトや求人サイトなどに掲載されていますので、企業研究不足だと思われてしまうからです。

また、給与や休日、残業時間についてなどを聞くのもマイナスイメージに繋がるため控えた方が良いでしょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパレル業界の面接で印象の良い逆質問とは?(2)

前回の記事の続きになります。引き続き好印象を与えることができる逆質問について考えていきましょう。

・好印象を与える逆質問のポイント

面接官に好印象を与える逆質問としては、出来る限り面接官が答えやすい質問を考えると良いでしょう。面接官の立場を考えた質問としては、例えば「入社をするまでに準備しておくべきこと」や「身につけておいた方がいい知識」などが好ましいです。

このような返答は、いかに自身に意欲があるかを面接官に伝えることができる絶好のチャンスですので、このチャンスを逃さないようにしましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパレル業界の面接で印象の良い逆質問とは?(1)

アパレル業界のみならず、面接の最後には「何か質問はありますか?」等といった面接官からの逆質問があります。逆質問は場合によっては面接官に良い印象を与えることができるため、積極的に答えていくと良いでしょう。

今回は印象の良い逆質問についてお話ししていきたいと思います。

・まず、逆質問は答えた方がいいの?

逆質問というのは、どれほど企業に興味をもってもらえているか面接官に伝えることができる絶好のチャンスでもあります。ですので、極力答えた方が好印象を与えることができるといえるでしょう。

また、逆質問は「的確な質問を返すことができるかどうか」を見極めている場合がありますので、面接官が望むような返答をあらかじめ考えておくと焦らずに答えることができるといえるでしょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る