正社員 - “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

ホーム > タグ > 正社員

正社員

ファッション・アパレル業界の雇用形態について(求人編)②

今回も前回の記事に引き続き「近年のファッション・アパレル業界の雇用形態」について調べてみました。

・上昇傾向にあるのはどんな職業?

近年では正社員の求人の割合を伸ばしている職が3つ程あります。それは「販売」「店長」「デザイナー」です。

デザイナー業というのは本来ならばキャリアを重ねるに連れて自分の年齢とブランドの年齢層が合わなくなっていきターゲット年齢と噛み合わなくなってしまう、といった問題が生じるため契約社員で雇用されることが多い職業でしたが、近年では大手アパレルブランドなどを中心として雇用形態の見直しが行われているとのことでした。

また、販売や店長も就業条件や環境が改善された現在では、正社員での雇用が増加したそうです。

ファッション・アパレル業界の雇用形態について(求人編)①

今回は「近年のファッション・アパレル業界の雇用形態」について調べてみました。

・正社員の割合が約70%

ファッション・アパレル業界の求人全体を調べてみると、正社員が65%以上、契約社員が30%以上(その他が約5%)でした。
バイヤーや営業、店舗開発に携わる仕事など事業運営に関わる仕事を担うため、アルバイトや派遣社員などではなく無期雇用で長期間働くことができる正社員の割合が約70%と高くなっているようです。

ちなみに、ファッション・アパレル業界のなかで今労働環境の改善が求められている販売業と店長職も求人の割合は70%以上でした。

短所を長所に!自己アピールを考えてみよう(2)

「派遣」「転職した回数が多い」「転職理由」など。自己アピールを考えていたけれど、どうしても短所ばかり浮かんでしまう…。そんな方も多いかと思います。そんな時は短所を一転、長所に変えてしまいましょう。今回も前回の記事に引き続き、実際に寄せられたネガティブなお悩みについて発想の転換を用いてご回答してみました。
・私は派遣で10年近く販売職を行ってきました。こんな私でも今後正社員として働けるでしょうか?
はい、働くことは充分可能です。しかしその動機がただ「正社員は福利厚生が安定しているから」などという理由にならないように注意しましょう。勿論安定している職場というのはとても大切なポイントですが、採用する会社側からすると“ブランド自体には興味はないのかな?”“仕事にまえむきではないのか?”と捉えられてしまう可能性があるからです。当たり前ですが、正社員は派遣社員よりも責任が伴います。なぜ正社員なりたいのかというポイントをしっかり考えてからブランドのイメージに沿ったアピールができるように考えてみてください。

ホーム > タグ > 正社員

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る