ファッション - “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

ホーム > タグ > ファッション

ファッション

ファッション業界と育児の問題(1)

これはファッション業界にのみならず、結婚や育児、介護の問題で仕事をやめざるおきない状態になったとき仕事を続けるか、または育児に専念するか悩みどころだと思います。

特にファッションデザイナーというのは基本的に不規則な仕事なので、周りに理解がないの続けていくのが困難だといえるでしょう。

ただ最近では育児を手伝ってくれるイクメンといった言葉もあるので、理解があれば続けていくことも出来ないこともないと言えるでしょう。

アパレル業界に転職する際、一番重視するポイントとは?①

アパレル業界は意外と転職が多い業界です。今回は実際にアパレル業界に転職したことのある経験者に転職をする際に重視したポイントを聞いてみました。

・その店舗で昇格できるかどうか

スタッフがベテランばかりの店舗ですと、必然的に昇格は難しくなってきますので、その辺は気にしていますね。新店舗で新規スタッフ募集なんかは狙い目。というのも新店舗なら他のスタッフも自分と同じ場所からスタートすることができるので、頑張れば昇格しやすいからです。(21歳・アパレル店員)

私はバイトから社員への昇格があるかを一番重視しています。やっぱり長く働いていくなら上を目指したいじゃないですか。バイトのまま延々と働くよりも、社員や店長を目指したいですからね(28歳・アパレル店員)

アパレルショップの面接で見られているポイントとは?(1)

アパレルショップ店員を目指している誰しもが通る最初の難関といえば面接ですよね。ファッション・アパレル業界の面接では、例えばどんなところを見られるのでしょうか?

今回は実際ショップで働いている店員さんに採用されるポイントについて聞いてみました。

・しっかりとブランドのことを理解しているか否か

その人がブランドのことをしっかりと理解しているかは重要なポイントです。やはり「ここのブランドが好き!」という気持ちが強い方を採用したいので、その人がどれだけブランドについて理解をしているかは大切なポイントだと思います。

必ずしもこれを調べておかなければダメというわけではありませんが、本当に好きならば自然とそのブランドについても知識がついてくると思いますし、一緒に働くのならしっかりとブランドのことを知っている方と働きたいですね。(27歳・アパレルショップ店員)

ホーム > タグ > ファッション

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る