デザイナー - “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

ホーム > タグ > デザイナー

デザイナー

ファッション業界で働くデザイナーの苦悩とは?(2)

この記事は前回の記事の続きになります。引き続き、ファッション業界で働くデザイナーの苦悩ついて調べてみました。

・勤務体系が不規則な職業

ファッションデザイナーというのは、自分の作りたいものだけを作っているわけではありません。季節ごとに新しい衣服を作ったり、それにともない納期も存在します。

ですので、なかなか定時に帰宅することができず、生活リズムが不規則になりがちなのです。

なの知れた有名なデザイナーになれば別の話ですが経験が浅いうちは、給与と忙しさはみ合ったものではないといえるでしょう。

ファッション業界で働くデザイナーの苦悩とは?(1)

一見華やかなイメージのあるファッションのデザイナーですが、実際に働いてみると苦悩が多いといいます。今回はファッションアパレル業界の苦悩について調べてみました。

・競争率か激しい職業

アパレル業界の中でもファッションデザイナーはとても人気のある職業の一つです。ですので、有名になれるのはほんの一握りのデザイナーのみで、なかなか難しい職業なんです。

また、やっと人気が出たとしても、しっかり維持をしていかないと、すぐに人気が無くなってしまうという点もあります。

ファッションデザイナーの世界は、どれだけお客様の要望に答えることができるかが大切だと言えるでしょう。

服飾系学校の生徒に聞いた「よく購入するブランド トップ10」(4)

前回の記事に引き続き、今回も服飾系学生の生徒に聞いた「よく購入するブランド トップ10」を紹介していきましょう。

続いて第5位の紹介です。

・第5位
【古着】

第5位には古着がランクインしました。特定のブランドではありませんが、古着は服飾系学校に通う学生に人気なのだとか。

古着は一般的に「他人が着用していた衣服」としてマイナスイメージを持たれてしまう場合も多いようですが、古着が好きな服飾系専門学校の生徒によると長年着用することによって生まれるヴィンテージ感や、一点物というポイントが良いのだそうです。

・第4位
【sacai(サカイ)】

第4位にはサカイがランクインしました。

サカイはデザイナーの阿倍千登勢が設立したブランドです。

「日常の上に成り立つデザイン」をブランドのコンセプトに、あえて普遍的でクラシックなアイテムを崩し、素材やアイテム、パターン、スタイルなどの組み合わせやエレガントな要素を加えることで、新たなスタイルを作り出しています。

サカイならではの斬新で遊び心が溢れるファッションスタイルが、服飾系学校の生徒生徒にも好評なんだそうです。

服飾系学校の生徒に聞いた「よく購入するブランド トップ10」(5)へ続く。

ホーム > タグ > デザイナー

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る