デザイナー - “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

ホーム > タグ > デザイナー

デザイナー

何で私は書類選考・面接に落ちるのか?デザイナー編(3)

今回は前回の記事の続きになります。何故かいつも書類選考で落とされる。または、やっとの思いで面接までたどり着いたけど、届くのは不採用通知ばかり…。そんなあなたの「何故?」を、採用担当者の視点から追ってみました。今回はデザイナー編です。

・デザイナーとしての力量を図るため課題を提出してもらったものの…

面接前にあらかじめ要求していた課題を提出してもらったのですが、当社の意図がまるで伝わっていなかったようで、とてもご自身の個性が強めに出ている内容でした。当社と致しましては当ブランドへの理解があるか、またその上で新しいアイディアがあるかどうかが見たかったのですが…。出来ることなら我々企業が何を求めているのか課題の製作前に確認してほしかったですね。

ファッション業界で働くデザイナーの苦悩とは?(2)

この記事は前回の記事の続きになります。引き続き、ファッション業界で働くデザイナーの苦悩ついて調べてみました。

・勤務体系が不規則な職業

ファッションデザイナーというのは、自分の作りたいものだけを作っているわけではありません。季節ごとに新しい衣服を作ったり、それにともない納期も存在します。

ですので、なかなか定時に帰宅することができず、生活リズムが不規則になりがちなのです。

なの知れた有名なデザイナーになれば別の話ですが経験が浅いうちは、給与と忙しさはみ合ったものではないといえるでしょう。

ファッション業界で働くデザイナーの苦悩とは?(1)

一見華やかなイメージのあるファッションのデザイナーですが、実際に働いてみると苦悩が多いといいます。今回はファッションアパレル業界の苦悩について調べてみました。

・競争率か激しい職業

アパレル業界の中でもファッションデザイナーはとても人気のある職業の一つです。ですので、有名になれるのはほんの一握りのデザイナーのみで、なかなか難しい職業なんです。

また、やっと人気が出たとしても、しっかり維持をしていかないと、すぐに人気が無くなってしまうという点もあります。

ファッションデザイナーの世界は、どれだけお客様の要望に答えることができるかが大切だと言えるでしょう。

ホーム > タグ > デザイナー

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る