アパレル - “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

ホーム > タグ > アパレル

アパレル

お客様に好印象を与える接客方法とは?(2)

今回の記事は、前回の記事の続きになります。引き続きアパレルショップで働く店員さんに聞いた「お客様に好印象を与える接客方法」について紹介していきましょう。

・「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」は必ず言うこと

私の場合は、かならず挨拶をすることを大切にしています。例えば、お客様が来店したら「いらっしゃいませ」の一声をかけますし、お店を出ていくお客様には商品を購入していなくても「ありがとうございました」は言うようにしています。

アパレルショップに限らず、挨拶は基本中の基本ですからね。他のスタッフたちにも挨拶は積極的に行うようにと指導しています。

自分がショップに来店したことを考えて挨拶がないと、やっぱり寂しい気持ちになると思うので、お客様が気持ちよく来店できる店作りも大切だといえるでしょう。(33歳・アパレルショップ店長)

お客様に好印象を与える接客方法とは?

お客様に好印象を与えるにはどうすれば良いのでしょうか?ディスプレイの方法を変えたり、トレンドのお洋服を店頭に並べたりすることももちろん大切ですが、一番はショップスタッフの態度で決まるといえるでしょう。

今回は実際にアパレルショップで働くスタッフが行っている「お客様に好印象を与える方法」をご紹介していきたいと思います。

・常に笑顔で接客する

やっぱり接客をする際に大切なのは笑顔だと思います。当たり前ですけど、無表情のまま接客をしたらお客様に逃げられてしまいますからね(笑)

店頭に出たら必ず笑顔で接客をします。お客様に声かけをする時も「こちら後試着できますので、気軽にお声掛けくださいね。」と一言添えて微笑むだけで、お客様には良い印象を与えることができますよ。

ただ、笑顔といっても無理やり作った不自然な笑顔はNGです。接客中ずっと満面の笑みだと逆に不自然になってしまいますからね。

私はほどよく微笑む程度に、鏡を見ながら笑顔を作る練習をしているんです。簡単にいうと少し歯が見える程度で微笑みます。口角を上げるだけじゃなくて目もとも自然な感じで細めてライトな笑顔を作り出しています。笑顔を作る練習を初めてからは、売り上げもそこそこ伸びてきたような気がするのでオススメですよ。(28歳・アパレルショップ店員)

梅雨でも気分が上がるファッションコーデ術とは?

梅雨の時期は何を着ればいいのか分からない…。そう思っている人は多いはず。今回は梅雨の時期こそおしゃれに着こなすショップ店員さんのファッションコーデテクニックを紹介したいと思います。

・リネン生地のお洋服で梅雨でもサラッと着こなす

リネン生地のお洋服は梅雨の季節でも着やすいので気に入っています。リネン生地は通気性が良いだけでなくサラサラとした肌触りなので、汗をかく夏でもノンストレスで着こなすことができるんですよね。それに、見た目も清楚な雰囲気を出すことができますよ。ジメジメとした梅雨の季節だからこそ、リネン生地で清楚に着こなして他の人と差をつけたいです。(アパレルショップ店員・29歳)

・シンプルなTシャツはアクセでワンポイントを

梅雨は基本的にTシャツで過ごします。理由は単純に過ごしやすくて涼しいので。でも、ただTシャツを着ただけじゃ手抜きファッションになってしまうので、私はアクセをインして華やかにしていますね。Tシャツの形や柄にもよりますが、シンプルなTシャツならワンポイントのネックレスを着けるだけでお洒落度が上がりますよ。逆にTシャツの柄が強い場合はシンプルな7分丈ジーンズで合わせてアクセは使いません。梅雨の季節こそTシャツをお洒落に着こなすのがお洒落上級者だと思いますね。(アパレルショップ店員・21歳)

ホーム > タグ > アパレル

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る