面接 - “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

ホーム > タグ > 面接

面接

面接官からの逆質問が思い浮かばない!そんな時はどうすればいいの?

先の記事で紹介した通り、逆質問は面接官にやる気をアピールする大きなチャンスだといえるでしょう。しかし、そんな逆質問が思い浮かばないときはどうすれば良いのでしょうか?

・無理に質問しなくてもOK

逆質問が無い場合は、無理に質問をしなくても大丈夫です。無理に質問をしてしまうと、かえって悪い印象を与えてしまう可能性があるからです。

もう十分面接のなかで話が聞けたと思ったら、その旨を面接官に伝えるようにしましょう。

ただし「質問は特にありません」ではNGです。質問がもう無いときは、丁寧な口調で「面接のなかで詳しくお話を聞けたので疑問はありません」または「実際に働き始めたら出てくるかもしれませんが、今のところは大丈夫です」などと回答すると良いでしょう。

アルバイトでも大切!逆質問の回答について

面接の逆質問と聞くと正社員を思い浮かべる方が多いかと思いますが、アルバイトの面接でも逆質問はあります。アルバイトの逆質問は正社員の逆質問と同じく、自身のやる気をアピールするチャンスですので、ぜひ積極的に答えていくようにしましょう。

・どんな逆質問をすればいいの?

例えば、「もし採用の場合はなにか準備するものはありますか?」などがスタンダードですね。他にも「何か事前に勉強しておいた方がいいことがありましたら教えて下さい」や、「シフトはどのように決めるのですか?」などといったことを聞くことができます。

アパレル業界の面接で控えておいた方がいい逆質問とは?

アパレル業界の面接時に聞かれる逆質問は、とにかく何でも答えておけばいいというわけではありません。中には面接官に悪い印象を与えてしまう可能性がある回答もあるからです。

今回はアパレル業界で控えておきたい逆質問の回答について考えてみました。

・調べれば分かるようなことを質問する

例えば「御社の企業理念はなんですか?」などといった質問はNGです。一見すると企業について詳しく知りたいという、真面目な質問のようにも思えますが、企業理念などは企業の公式サイトや求人サイトなどに掲載されていますので、企業研究不足だと思われてしまうからです。

また、給与や休日、残業時間についてなどを聞くのもマイナスイメージに繋がるため控えた方が良いでしょう。

ホーム > タグ > 面接

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る