面接 - “憧れのファッション・アパレル業界で働く♪”~シーエーセールススタッフ~

ホーム > タグ > 面接

面接

会話よりも大切?面接時の表情や仕草、身だしなみについて(3)

この記事は前回の記事の続きになります。引き続き、面接における仕草や身だしなみについて紹介していきましょう。

・面接の場数より初対面の場数を踏む

面接で大切なのは、初対面の人と会う機会を多く作ることです。というのも、人は自分の好きな、または得意な分野のコミュニティでは自然と会話が弾むものですが、面接では100%初対面の面接官とのコミュニケーションになります。

ですので、あえて話の弾まない自分と違うタイプの人とコミュニケーションをとるようにすることで「どうして会話が弾まないのだろう?」と考えながら話すことができるようになるのです。

会話よりも大切?面接時の表情や仕草、身だしなみについて(2)

この記事は前回の記事の続きになります。引き続き、面接における仕草や身だしなみについて紹介していきましょう。

・面接での服装は“何を着るか”より“どう着こなすか”が大切

例えば面接では白いシャツは好印象だとよく言われますが、しわくちゃな白いシャツを着ていても面接官は好印象だとは思いませんよね。

面接に何を着て行こうかと考えるよりも、一番自分に似合っていて、かつ背筋がスッと伸びるような服を選ぶことが大切なんです。

また、面接で重要視されるのは清潔感ですので、自分が一番清潔だと思う身だしなみを心がけて面接に挑むと良いでしょう。

会話よりも大切?面接時の表情や仕草、身だしなみについて(1)

面接で面接官はあなたの会話だけを聞いて「一緒に働きたい」と思うわけではありません。例えば会話の内容はもちろんですが、それ以上に大切な判断基準として身だしなみや仕草などのマナーが大切になります。

今回は、面接における仕草や身だしなみについて紹介していきましょう。

・ネガティブな内容を話すときは表情に気を付ける

ネガティブな質問をするときの面接官は、会話よりも話しているときの仕草や表情を見ていることがあります。例えば「前職で大変だったことはなんですか?」など面接でネガティブな質問をされたことがある人は多いと思います。

そんなときネガティブなことについて話す人は、無意識に眉間にシワが寄ったり、しかめっ面になってしまうことがあります。面接官はこれらの表情を見てその人のメンタルが弱いかどうかを確認している場合があるのです。

ホーム > タグ > 面接

ページ
QRコード
シーエーセールススタッフQRコード

☆モバイルはこちら☆

.

ページのトップに戻る